ドラクエ11の発売日が決定!価格など詳細速報はコチラ!

2017年4月11日、スクウェアエニックスがドラクエ11発売日発表会を開催し、つにその発売日を発表しました!今回はその詳細と予約情報を併せてリポートしてみたいと思います!!
 

ドラクエ11(PS4&3DS)の予約発売日情報

発売日はいつ?

 
ドラクエ11の発売日は、PS4版および3DS版ともに、2017年7月29日土曜日に決定しました!!
 
これまで発売日予想として、初代ドラクエが発売された5月27日までになるのではないかという噂がありました。が、自分は個人的にはこれはちょっと懐疑的というか、発売発表会の次の月に発売というのは早すぎるのではないかと思っていました。堀井さんサイドは30周年の内におさめたいと当初語っていましたが、まあでも2017年の年内に無事発売されますしね。発表会から早すぎず遅すぎず、良い感じじゃないでしょうか☆
 
また土曜日ということで、当日予約なしに購入をする方も、学校や会社を気にせずお店に行くことができますし、いざゲットしたら土日をフルに使って遊べますね!
 

価格は?

 
ドラクエ11の気になる値段はPS4版が9,698円(税込)、3DS版が6,458円(税込)とのことです。
 
ただしこの価格はあくまで※参考価格ですので、この定価どおりに販売するお店もあるでしょうし、ここからさらに安く販売するお店もあるとおもわれます。
 

通販(セブンネット、楽天ブックス、Amazon)予約在庫

 
大手通販ではすでに予約が始まっています☆在庫が切れる前にチェックしておきたいですね!!
 
↓↓
 

セブンネット

 

 

 
 

楽天ブックス

  

 

 
 

Amazon

 

 
 
 
 
 
 
 
 
以上ドラクエ発売日速報をリポートしました。なおこのカテゴリの記事は随時更新していきますので、ぜひブックマークして頂ければとおもいます。ではまた!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3DS版のメリット(DQ11)

ドラクエ11を3DSでプレイするメリットとは?

 
3DS版は、画質や音質などの迫力にはPS4のハードスペックにかないませんが、逆にそこを逆手に取ったというか、ファミコンやスーファミ時代、さらにはプレステ1のドラクエ7のように、マップ見下ろし画面でのプレイが可能となっています。
 
で、この画面見下ろしは、3DSの下部分のモニターで表示され、上部分は主人公の背中を見て操作する3D形式です。で、こちらの3D形式の方は、プレステ4と比べてキャラが3頭身くらいのデフォルメされたイラストパターンになっており、まあこちらも古き良きドラクエの風情が醸し出されています。
 
また携帯ゲーム機ならではの特性として、職場でプレイ、学校でプレイ、通勤通学時の電車内で経験値上げ!などなど、場所を選ばず遊べます!!
 
 
また、3DS版の最大のメリットが、、、
 
ズバリすれ違い通信が可能だということ!!
 
 
あのドラクエ9以来のすれ違い通信が11で復活です!!あなたの勇者と他のユーザーがすれ違う☆何が起きるかドキドキワクワク!ですね~。
 
 
 
さらに、プレステ版と比べて価格が安い!!約3000円ほど3DS版のほうが安くなってます☆
 

 
  
以上、3DS版のメリットをまとめてみると、、
 
1、ドラクエの過去作のようなデフォルメされたイラスト世界で冒険が可能
2.場所を問わずどこでもプレイ可能
3.すれ違い通信ができる
4.価格が安い

以上のような利点があります。是非参考にしてくださいね☆
 
 
 
なお、ドラクエ11の予約はすでに始まっています!お得な通販予約はコチラ
 
 
 
 
 
 
 
 

PS4版のメリット(DQ11)


 
ドラクエ11のPS4版は何といってもフルハイビジョンでプレイを楽しめることが挙げられます。大画面テレビをお持ちの方ならなおさら、風に揺れる草木や豪快に水の流れる滝、さらに等身大のキャラが、広大なマップで動き回ります。この圧倒的迫力がPS4版の魅力でしょう。
 
等身大のキャラは8や10でもそうでしたが、先ほども申し上げましたとおり、これがフルハイビジョンとなると、さらに凄いことになります、、
 
そして音声をデジタルアンプに接続すれば、5.1chで楽しむことができます。これは、前に3つのスピーカー、後方に2つを配属することで、ゲーム音声を立体的に楽しめるというもの。右の後ろの音が左前に飛んでいく!といった臨場感タップリな音声を楽しむことができるのです。
 
 
以上、圧倒的な画質と音質で楽しみたいならPS4をオススメします☆
 
 
なお、ドラクエ11の予約はすでに始まっています!お得な通販予約はコチラ
 
 

ドラクエの歴史を超主観で語りますw

嗚呼ドラクエよ!!想い出と共に振り返るDQヒストリー2017

ドラクエ30周年!そして最新作11の発売を記念して、今回はドラクエ全作品を振り返る記事を書いてみたいと思います。

ドラゴンクエストⅠ

はい!まずはドラクエの記念碑的作品として初代ドラクエですね!!
 
ドラクエ1はですね、、と早速語り始めたいところなんですが、実はワタシ、ドラクエ1はリアルタイムでやってません、、、(汗)
 
初めてじっくりドラクエ1をやったのは、93年か94年に復刻されたスーファミ版のドラクエ1でして、ファミコンでドラクエをやって「スゲーーー!!!」って経験ないんです。
 
まあただやりはしなくとも、友だちの家で一度見たことはあります。なんかちょこまかと小さなキャラが歩いていて、何が面白いんだろ?とか、そんな程度でした。まさかその30年後にこんなドラクエ大好き人間になるなんて思いもしなかったわけですけどね。
 
 
で、このドラクエⅠ、何がすごいかって、終始ひとりプレイ。パーティゼロ。
 
これはこのときリアルに遊んだユーザーは、のちのちのパーティと言う比較概念がないので、この時点では何も感じなかったかもしれませんが、自分みたいにパーティを経験してからプレイした人間にとってはもうすごい悟りの境地。
 
 
それとなんとなく物哀しいテーマ(だがそれがいい!!)。なんか基本ずっと寂しいという感じのドラクエ1でした。
 
 
 
 

ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々


 
さて2作目です!前作の空前の大ヒットを受け、その勢いをそのまま持ち込んだセカンド作品。
 
発売は1作目の翌年、ですが、物語は1作目から100年後!そしてたった100年でロトの世界は数倍に広がりました!キン肉マンレベルでの物理法則無視!だがそれがいい!
 
まずⅡで特筆すべきは何といってもパーティー制の実現ですね。
 
勇者が攻め、僧侶的サマルトリアの王子が攻守、ローレシアの王女は魔法使い!現代RPGにも受け継がれる職業性の原点がここにあります。
 
 
そして何といってもドラクエ史上難易度は最高レベル!!激ムズの極致!!だがそれがいい!!
 
 
とくにロンダルキアの洞窟の落とし穴は半端なかったですよね。
 
 
近年、いわゆるゲームシステムが整いすぎて、こういう破天荒な作りをするソフトってあまりなくなりましたが、でも、結局そこを突き詰めてしまうと、行き着く先はみんな同じゲームになっちゃうんですよね。
 
 
だから敢えてユーザーに失礼なことをやってみる、とか、思い切りいじわるな仕掛けとか、むしろやってほしいと自分は思ってます。
 
 
もしドラクエ11の最後のダンジョンがロンダルキアレベルだったら、最高に嬉しいです。

 
 
つづく