PS4 Proホワイト(新型番)のCUH-7100BB02の予約が始まりました!!

 
 
 
さてモンハンワールドの爆発的売れ行きが覚めやらぬ中、PS4 Proの新型番CUH-7100BB02のグレイシャーホワイトの予約がスタートしました。
 
 
PSというと、初代が白に近いグレー、2がブラック、3がブラック&ホワイトと、これまで黒系統と白系統の2種類がメインで発売されてきましたね。
 
 
やはりお部屋のインテリアだったり、各AV機器のカラーとの相性もあるでしょう。できるだけマッチした色を選びたいものです。
 
 
そして今回のグレイシャーホワイトも人気がかなり高く、予約注文が殺到している模様です。しかも限定販売とのことで、これはプレミア感たっぷりですね☆
 
 
 
   ↓    ↓
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

モンハンワールド(パッケージ版)はお店の在庫あり?再販は?

 
 
 

MHWモンハンワールド(パッケージ版)の売り切れや再入荷情報

 
正直通常版のパッケージまで売り切れになるとは想定外だった今回のモンハンワールド。
 
昨今では新作ソフトが発売されても、ダウンロード版があるので、いわゆる物品的にパッケージの在庫がなくなるってのはそうある話じゃありません。
 
 
ただダウンロード版と違って、結局数に限りがあるのは間違いないわけで、今回のようにいわく猛烈な注文数の場合はどうしたって売り切れになっちゃいますよね(汗)
 
 
実際「仕事帰りに買って、夜に家で楽しもう☆」と思っていたら、「は!?売り切れってマジかよ!?どこにもねえの??」みたいな思いをされた方も多いのではないでしょうか。しかも平日発売でしたしね。

 
 
ただ救いは、通販に若干ですが残りはあるらしいということ。
 
 
もちろんこの勢いですからこちらもいつ在庫切れになるかは予断を許さない状況ですけども(汗)
 
 
ベタですが欲しい方はお早めに!ですね☆
 
 
 
■■MHWモンハンワールド(パッケージ版)はコチラ!!
 

 
 

FF13のバトルが面白い!

さて今回はFF13の戦闘シーンについて書いていきたいと思います。
 
 
FF13の特色は色々ありますが、まず特筆すべきなのがこのバトルです。
 
 
例えばフィールドや洞窟において、敵とエンカウントした場合。従来のRPGであれば攻撃力の高いキャラはもちろん、物理攻撃力の低いキャラでも攻撃に参加し、2,3ターンすれば勝てるよ、、みたいなやり方はFF13では通用しません。
 
 
なぜかというと、敵のHPが異様に高いからです。そしてこれはボスだけでなく雑魚キャラもそうです。
 
 
前述のようにただひたすら攻撃しただけでは、なかなか倒れてくれないorかなり時間がかかります。
 
 
 
で、ひとつの要素として、ブレイクという概念がここに導入されています。
 
 
これは敵をいわゆるピヨリ状態にさせるということ。
 
 
一旦ピヨリ状態にさせれば通常の何倍ものダメージを与えることができるため、敵を倒すにはまずブレイクさせる、ここが大前提となります。
 
 
そしてブレイクさせるためには、単に一撃あたりの攻撃力の強さではなく、いかにブレイクさせやすい攻撃(チェーン)を与えることができるかが鍵となります。
 
 
 
 
つづく
  
 
 
 

ファイナルファンタジー13は面白い?つまらない?

ふとしたきっかけで、今まで手付かずだったファイナルファンタジー13をプレイしています。
 
 
このFFの13作目、その評価は手厳しい意見が目立っています。よく言われているのがゲーム開始から終盤まで一本道である、ということ。
 
昨今RPGといえば自由度の高いものばかりですが、この流れに真っ向から抗い、良くも悪くも限定された状況下の中ゲームが進んでいきます。
 
 
たしかにストーリーやマップの移動は、ユーザーの自由のない状態がしばらく続きますが、キャラの育成はそこそこ楽しめます。そしてバトルの難易度が高い、、ざっとこんな感じの特色になりますね。
 
 
 
つまり、その世界をユーザーの意思で自由に動き回って、自由に選択していきたいという人にはあまり向かないソフトと言えます。
 
 
しかし逆にストーリーや待ち人との触れ合いなどにあまり重点を置かず、キャラの育成やとことん戦闘を楽しみたい!という方には、これ以上なく楽しめるソフトだと思います。
 
 
次回は戦闘システムについて書いてみたいと思います。ではまた。
 
 
 
 

ミニファミコンの売り切れ&再入荷情報はコチラ

クラシックの購入情報

 
スイッチの発売で湧きに沸くゲーム業界ですが、昨年の2016年末に、あるハードが簡易的ながら復活したのを、みなさんは覚えてるでしょうか。
 
 
 
 
そう、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ。
 

 
 
 
 
11月10日に発売したこの復活ハードは、瞬く間に品切れ続出。まさかの人気に、当の任天堂も嬉しい悲鳴を上げる状態へ。
 
で、この品薄状態が約半年続いたわけですが、ここにきて、まさかのギブアップ??
 

 

まさかの生産終了!?

 
 
オフィシャルサイトにて「一旦生産を終了しております。」とのアナウンスが。
 
 
 
パッと見、この「一旦」という表現が少し引っかかったのですが、案の定次に続く文章で「生産を再開する場合は、改めてホームページでご案内させていただきます。」という記述がありました。
 
 
つまりは、「今はちょっと待って!余裕ができたらまた作るから!!」ってことだとおもうんですよね。

これはおそらくスイッチが関連してるのではないかと。
 
3月に発売したスイッチも基本在庫が希薄な状態が続き、今や急ピッチで生産してる最中。この上クラシックも!ってのは難しかったんでしょうね。
 
なので、スイッチの在庫がある程度確保できたら、じゃあ次はこっち作りますか!って感じじゃないですかね。
 
 
 

いまクラシックを買えるお店は?

 
ただ、この次はクラシックというタイミングがいつになるかは、ユーザーとしてはなかなか判断がつきづらいですよね。スイッチの方は毎週再販を繰り返してますので、落ち着くのはもう少しかな?という気もします。
 
後はやっぱり通販の紹介ページをマメにチェックすることですね。ふとしたタイミングで不意に在庫が復活したりしますので、ここらへんもポイントなのかなとも思います。
 
一応下記に大手通販のクラシックが紹介されているページを記載しておきますので、是非お役立てくださいね☆
 
↓↓
 

 
 

 
 

 
 
 

発売日はいつ?価格は?

 
発売日は2016年11月10日でした☆
 
また商品価格は、当初6,458円(税込)でしたが、発売直後の品切れ状態で高騰し、2017年4月27日現在では、9,000円台後半からなんと20,000円台で売ってるお店まで出現!
 
こりゃちょっと凄いですね(汗)
 
 

収録ソフト一覧

 
本体にはすでに以下の30本のソフトが内蔵されています。
 
収録ソフト 
 

 

収録ソフトを語る

今回はクラシックに出ているソフトの思い出や感想を述べてみたいと思います。

クラシック収録ソフトの思い出

 

ドンキーコング

 

 
記念すべきファミコン発売と同時に発売されたのが、このドンキーコングです。
 
当初はゲームウォッチで人気を博しましたが、ファミコンに移植され、こちらも大好評でした。
 
映画キングコングが大人気だったこのご時世。こちらはキングでなくてドンキーですが、もともとドンキーとは「まぬけ」といった意味があり、コミカルなゲームにピッタリな愛称ともいえますね。
 
 

マリオブラザーズ

 

 
でました真打!記念すべきマリオ一作目です!
 
マリオ自体は先のドンキーコングで登場してますが、マリオを主役としたのはこちらが初めてです。
 
ドンキーコングとはちょっとルールが違う、同一画面アクション。ただやっぱりこの頃から任天堂のゲームの完成度は物凄く高いですよね。この時代にこのクオリティはさすがだとおもいますね。
 
で、ちょっと面白いのはファミコンの重大要素のひとつである「クリア」という概念がないってことです。
 
 
この頃は自分がコントロールしたキャラがテレビで動く、言ってしまえば単純ですが、これだけでもユーザーは満足してた時代なのかもしれません。

 

パックマン

 

 
いわずと知れたナムコの代表作!パックマンの登場です。
 
近年では映画ピクセルなどにも登場して、古き良きキャラクターとして皆の記憶に残っているパックマン。世界的には80年代のミッキーマウスとも呼ばれています。
 
ひょっとして国内人気よりも世界人気の方が高いのかもですね。
 
ゲーム内容はシンプルなパズルアクション的なソフトですが、そのバランスと言うか、無敵モードだったりワープだったり、後世のゲームに与えた影響はかなり大きいと言えます。
 
 

エキサイトバイク

 

 
1984年11月30日に発売されたバイクのレースゲームです。
 
先に発売されたF1レースと違って、横スクロール画面となってます。
 
が、このゲームの素晴らしき点は、自分でコースを作れるってことです。このシステムは当時としては画期的であり、これがあるからこそエキサイトバイクはずっと遊べるゲームでした。
 
そしてそれから約30年後、スーパーマリオのコースを自分で作れるソフトが発売されたりしたことを考えると、こういったマップ作成の先駆けがエキサイトバイクであったともいえるでしょう。
 
 
 

バルーンファイト

 

 
1985年1月22日発売。
 
それほどヒットはしませんでしたが、なぜか皆の記憶に残るゲーム。それがバルーンファイトです。
 
ゲームのルールというか、敵を倒して進んでいくバージョンと障害物をよけて進んでいくバージョン、計2つのルールがあります。
 
このゲームは任天堂にしては難易度が高めに設定されていて、なかなか緊迫感のあるソフトでした。
 
 
 
 

アイスクライマー

 

 
1985年1月30日発売。
 
バルーンファイトに続いて、何というか任天堂の試作的ゲームが連続して発売されてますね。まあもちろん試作といっても、素晴らしいクオリティであることに間違いありません。
 
縦スクロールでゲームは進んでいきますが、これもバルーンファイト同様、わりと難易度高であり、ユーザーを楽しく困らせてくれます。

 
 
 

ギャラガ

 

 
1985年2月15日発売。ナムコ。
 
ギャラガはですね、いわゆるギャラクシアン2という位置づけなんですよね。
 
ギャラクシアンがわりとインベーダーゲームを踏襲した、一画面固定のシューティングだったのに対して、ギャラガは上スクロールしていくシステムへと進化してます。
 
ただし、プレイヤーの機体は、横にしか動けないという!
 
ファミコンならではの不親切ゲームとなっています(笑)
 
もちろんこういう制限された面白さって、個人的にバリバリありなので、これはこれで楽しめましたね。
 
 
 

イー・アル・カンフー

 

 
1985年4月22日発売。コナミ。
 
出ました!元祖対戦アクションイーアルカンフーです。
 
意外だったのがカプコンではなくコナミだったということ。今の対戦格闘であれば常識ですが、当時としては珍しいパワーゲージの採用は後のゲームに多大なる影響をもたらしたと言えるでしょう。ちなみに同じくパワーゲージを採用していたのはスパルタンXですが、発売はわずか2ヶ月ほどイーアルカンフーの方が先です。
 
ちなみに、このイーとアルというのは、中国語でそれぞれ、イーが数字の1、アルが2を意味するので、直訳すると、1・2・カンフー!となります。
 
 
 

スーパーマリオブラザーズ

 

 
1985年9月13日発売。任天堂。
 
さて言わずと知れたスーパーレジェンドソフトの登場です!ファミコン絶頂期の1985年、昭和60年に発売されたモンスターソフト!1983年のファミコン発売以来、それまでのアクションゲームのオモシロ要素を全てつぎ込んだような、ファミコン初期集大成のようなソフトです。
 
ちなみにこのレジェンドは面白さだけでなく販売本数も世界一だとか。あのドラクエもFFもスーパーマリオの牙城は崩せなかったんですね。
 
 
 

ゼルダの伝説

 

 
1986年2月21日発売。任天堂。
 
スーパーマリオ旋風が吹き荒れる中、その約半年後に発売されたゼルダの伝説です。今やマリオと並んで任天堂の2大看板ソフトのなったゼルダ。スイッチのブレスオブワイルドも絶好調です。
 
見た目は初期RPGの定番である見下ろし型です。
 
あと、ゼルダをプレイしたことのない人にとってはちょっとややこしいんですが、ゼルダというのはお姫様の名前であり、主人公の名前はリンクです。で、ここらへんを加味したのか、2作目はリンクの冒険と改題されてたりします。
 
 
 

アトランチスの謎

 

 
1986年4月17日発売。サン電子。
 
初代激ムズソフトの筆頭候補!!しかも全100面!
 
いわゆるクソゲーという言葉がありますが、アトランチスの謎における壮大な理不尽世界は、その代名詞といっても過言でないと思います。
 
その操作の信じられないほどの難易度、その上、当時としては逆を行く、まさかの左スクロール画面の登場など、とにかく「何がやりたいんだタココラ!」(by長州力)なゲームでした、、
 
 
 

グラディウス

 

 
1986年4月25日発売。コナミ。
 
上上下下左右左右BA!!いわずもがなコナミコマンドはここから生まれました。またそれまでのシューティングにはなかったオプションの概念を取り込んだ功績は計り知れません。
 
スターソルジャーはハドソンが全国キャラバンとかやってましたが、グラディウスの全国キャラバンとか、やってほしかったなあ!!
 
 
 

魔界村

 

 
1986年6月13日発売。カプコン。
 
さて初期カプコンの代表作、魔界村です。この頃のカプコンはいわゆる難易度が高めのソフトが多かったわけですが、ただ、難しいといっても不自然な難しさといったわけではなく、一定のルールに沿った難しさなんですね。
 
だから見方を変えれば、非常に丁寧に作りこんでるなといった印象を受けました。
 
で、そう感じたのは決して自分だけではなくて、だからこそ魔界村の続編がその後継続して発売されたのだと思います。
 
 
 

ソロモンの鍵

 

 
1986年7月30日発売。テクモ。
 
意外や意外、ソロモンの鍵がテクモだったとは!
 
ゲームは武器を持ったロードランナーみたいな感じで、マス目画面を次々と進んで行き、ドアに入ればその面クリアという形。内容はシンプルこの上ないのですが、ステージごとに様々な工夫が施されていて、なかなか飽きないんですよね。
 
 
 

メトロイド

 

 
1986年8月6日発売。任天堂。
 
やっぱりいつの時代も任天堂はクオリティの高いソフトを発売し続けますね。ファミコン発売から約40年ですけど、この長い間、外れのソフトってほぼゼロですもんね。これって凄いことだと思うんですよ。
 
メトロイドは色々仕掛けが施されていて、最初は難しいんですけど、隠し通路的な場所や、アイテムなどを発見することで、クリアまでのショートカットが可能になるんですよね。
 
こういう発見を随所に散りばめて、いわゆるゲームの面白さを深くしていったソフトですね。
 
つづく

ニンテンドースイッチの在庫アリ?再入荷情報!

随時更新!Nintendo Switch本体通販情報

 

再販速報!

 
5月13日午後6時40分更新
 
通販では、若干値段は高くなりますが、アマゾン楽天市場です。(アマゾンでは中古での出品もアリ)ただしこれも時間の問題ですので、完売前にチェックをオススメ☆
 
そして発売以降のスイッチの大人気、注文殺到を受け、ニンテンドーが2017年の生産販売台数を当初予定した台数の2倍生産することを発表しました。これで在庫希少な状態ももう少し待てば緩和されるでしょう。
  
また、マイニンテンドーストアにおいては、11日に再販開始されたものの、前回の再販に引き続き、当日の午後に完売した模様です。アクセスの殺到でしょうか、ストアへの接続がつながりにくい状況だったようです。また次回の再販は5月18日の木曜日以降となるとのことです。
 
 
そして家電量販店。こちらは軒並み売り切れ状態が続いており、入手が困難な状況は4月中旬を過ぎてもなかなか収束しない模様です。たまにビックカメラが抽選販売を催していたりしますので、興味のある方はお近くの店舗に確認してみるのも良いですね。
  
また、ヤマダ電機やヨドバシ、さらにゲオなどでも、たまにではありますが店頭販売してたりします。マメに電話で問い合わせたりすれば、ラッキーなタイミングに遭遇するかもですね。
 
それと発売日からの再販状況を見るに、わりと木曜や金曜ですかね、週の後半にかけて、通販でも量販店でも再販する確率が高いですね。とくに4月21日はアマゾンや楽天、そしてセブンネットの通販大手が揃って販売していました。ただ3店ともすぐに在庫切れになってしまいましたが、、もちろんこれまでそうだったから週の前半に出ないってことは言い切れないですけど、まあ21日の他でもここ最近は週末が多かったです。一応参考までに。
 

発売日は?

Switchの発売日は2017年3月3日でした。すでに1ヵ月半経過しましたが、全国的に在庫希少状態です。
 

値段は?

 
各通販で多少のばらつきはありますが、
おおむね3万円台前半から後半が相場といった所です。
 

通販(セブンネット、楽天ブックス、楽天市場、Amazon)予約在庫情報

 
さすが任天堂といったところでしょうか。予約解禁の21日から物凄い反響です!!
 
一応各通販の詳細ページを記載しておきます。ぜひお役立てください☆
 

セブンネット

 
 
 
 

楽天ブックス


 
 
 
 

楽天市場

 

 
 
 
 

アマゾン↓↓

 
 

デザインは?

 
いわゆる本体部分はデザインの差異はありませんが、ジョイコンと呼ばれる2つのコントローラーは、両方ともグレーのバージョンと、片方がブルー、もう片方がレッドのバージョンがあります。どちらかというとグレーの単色バージョンが先に売れています。
 
グレー↓

 
ネオンブルーおよびネオンレッド↓

 
 

スイッチの遊び方

 
れまで任天堂が発売してきた歴代ハードがいくつかありますが、どのハードにも共通してきたものが、その時代に即した新しい遊び方を常に提案してきたというものです。そしてこれまでの例に漏れず、今回のスイッチでも、ゲームハードとしてさらに新しい遊び方を任天堂は魅せてくれました。
 
それはズバリ、ひとつのハードで据え置きプレイも携帯プレイも実現しちゃうよ!!というもの。これにともなって、大きく分けて三つの遊び方があります 🙄
 

TVモード

 
従来の据え置き型家庭用ゲームと同じく、テレビに接続してプレイする遊び方です。HDMI出力で解像度は1920×1080のフルハイビジョン☆
 
 

テーブルモード

 
テレビやモニターなど、外部の映像出力先がない場合でも、本体に付属のモニタにゲーム画面を映し出してプレイする方法です。なお背面には、モニターが独立して立てるように、ちゃんとスタンドが付いています☆またこのモードの場合、コントローラはワイヤレスとなります。
 
なお本体の解像度は1280×720ドットとなり、フルハイビジョンではありません。ですので、上記のTVモードのように外部モニタへ接続した場合より若干画質の精密度は落ちます。ただしそもそも解像度への実感は画面の大きさと相対的なので、テレビなどと比べてサイズの小さいスイッチの画面(6.2インチ)では、それほどハッキリと差異は感じないだろうと思われます☆
 
 

携帯モード

 
本体とコントローラを合体させプレイする遊び方です。モニターはテーブルモードと同じくスイッチ本体、そしてコントローラは本体に装着する形となります。これは従来の携帯ゲーム機と似たような感じですね♪横幅の広いワイド画面でのプレイです。
 
なお電源の持続時間は2時間半から6時間半と言われています。ここらへんはあくまで目安と言うか、遊ぶソフトや音声の大きさなどによって、短くも長くもなるといった感じでしょう。
 
 

コントローラーについて

 
コントローラーは、本体に同梱されているジョイコン(Joy-Con)と、別売りのProコントローラの2種類があります。
 

ジョイコン(Joy-Con)

 
一見ジョイコンって「うわっ!小さッッ!!」って思っちゃうんですが、でもその機能性は他のハードに類を見ない作りとなっています。つまりスゴイっす。
 
まず使い方は先に挙げた遊び方のモードによって異なります。TVモードではドックに装着して使用します。見た目小さなジョイコンがドックと合体することによって、正方形チックななかなか重厚感のあるコントローラに変身します。
 
次にテーブルモード。こちらは小さなジョイコン単独で使用します。
 
で、携帯モードでは、モニターの両側に装着する形となります。
 
 
さて次にジョイコンの機能面!!
 
まずはHD振動機能。これは振動といっても、今までのコントローラに付属のバイブレーションとは違い、ジョイコンを傾けたりすることによって、固形物が当たる感覚や水などの流動物が流れる感覚を仔細に体感できると言うもの。これは正直凄いです。
 
次にモーションIRカメラ機能。これはただのカメラと違い、カメラに映ったモノの形を識別したり、そのモノとの距離を計算できるというものです。
 
そして最後に画面をキャプチャーできるボタンがついてます。
 
 
まあ実際ここらへんが任天堂ならではというか、ゲームをプレイすることのプレイが体感することであるという、昔からの一貫した姿勢ですね!!
 
 

Proコントローラ

 
本体には同梱されず、別売りのコントローラーが、このProコントローラです。ジョイコンが軽め小さめなのに対して、Proコントローラは重厚感漂わせる雰囲気でなかなかイイです。
 
各ボタンの配置など形状としては、X-box360のコントローラに近い感じですね。またジャイロセンサーやHD振動機能も付いてます。NFC、amiboもOK!
 
まあやっぱり基本これまでの家庭用ハードのコントローラーに形状がそっくりなので、なんというか腰をすえてじっくりスイッチをやりたいって人はやっぱりこっちのProコントローラのほうが良いと思いますね。
 
 

ソフトは?

 
本体の発売に合わせて、いくつかのソフトがラインアップされています。
 
まずは来たコレ!ってことで、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

 
そしてスイッチの機能を思う存分楽しめる1-2-Switch
1-2-Switch
 
スーパーボンバーマンR
スーパーボンバーマンR
 
さらにドラゴンクエストヒーローズ Ⅰ・Ⅱ for Nintendo Switch、信長の野望・創造 with パワーアップキット、いけにえと雪のセツナ、ぷよぷよテトリス S、魔界戦記ディスガイア5など、
 
以上の8タイトルは、3月3日発売予定、つまり本体と同時発売となります。
 
 
そして上記以外にも、いっしょにチョキッとスニッパーズ、三國志13 with パワーアップキット、マリオカート8 デラックス、スプラトゥーン2、ファイアーエムブレム無双、スーパーマリオ オデッセイ、ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズなどが、本体発売以降にリリースされる予定となっています。
 
 

 

ドラクエ11の発売は?

 
2017年4月11日、スクウェアエニックスがドラゴンクエスト11の発売日を発表しました。それによると、PS4版、3DS版は2017年7月29日に同時発売されるとのことです。詳細はコチラ
 
なお、発売が予定されているスイッチ版に関しては言及はありませんでした。ただ、この記事は基本毎日更新してますので、何か情報が入り次第すぐに書き込みたいと思っています☆
 
 
 
 

インターネットのオンラインプレイも!

イッチはインターネットにおけるオンライン接続がもちろん可能です。
 
スマートデバイスとの連携により、専用アプリにおけるフレンドとの待ち合わせや、ボイスチャットをしながらゲームすることもできます!!オンラインサービスは、2017年の秋あたりから有料に切り替わる予定で、しばらくの間は無料で利用できるとのこと☆
 
 
また、これも任天堂ならではというか、本体8台までの接続を可能にしたローカル通信プレイも楽しめちゃいます。マリオカート8やスプラトゥーン2が、それぞれ8人までのマルチプレイでプレイ可能!!これもワクワク 😆 ですね☆
 
 

画面キャプチャーを撮影できます!

 
ョイコンのLには、いわゆるキャプチャーボタンが搭載されています!これはその名のとおり、画面をキャプチャーできる、つまりスクリーンショットの撮影が可能なボタンです 😯
 
そしてこの撮影した画像は、なんとSNSなどにアップロードすることができるとのこと。さらにゆくゆくは静止画だけでなく、動画の撮影も可能になるとのことで、ますます楽しみが広がりますね。
 
 

Nintendo みまもり Switchとは

 
ームは1日1時間!!古き良きファミコン時代、あの高橋名人のセリフです。正直たった1時間は短すぎるんじゃないかと当時は思ったものですが、スイッチには高橋名人が叫ばなくとも例えばお子さんのゲーム時間を見守る機能があります。
 
これはスマホアプリの「Nintendo みまもり Switch」と連携して

1日のゲーム時間の設定、
コミュニケーション制限、
年齢不適応のゲームソフトの制限、
画面キャプチャのSNSアップロードの制限など、
 
おもに親御さんがお子さんのゲームプレイをチェックできる機能です。
 
 
実際設定したゲーム時間を超えてプレイするとゲーム画面に警告が表示され、さらにその警告を無視した場合はアプリからゲームを止めることも可能とのこと。このチェック機能は任天堂ならではというか、非常にありがたいですね。
 
 

付属品は?

 
この本体には、

・本体:1台
・Joy-Con(L) 1個
・Joy-Con(R) 1個

・ACアダプター:1個
・ドック:1個
・Joy-Conグリップ:1個

・Joy-Conストラップ:2個
・HDMIケーブル:1個
 
が同梱されています。
 
ゲームをプレイするために必要な本体の部品は、
ソフト以外全部入っています♪
 
 
 

まとめ


以上、ニンテンドースイッチ情報でした。
 
基本的に情報は日々更新(次回更新予定は5月14日以降)しますので、ぜひお見逃しなく☆
 

 
 
 

 
 

ドラクエ11の発売日が決定!価格など詳細速報はコチラ!

2017年4月11日、スクウェアエニックスがドラクエ11発売日発表会を開催し、つにその発売日を発表しました!今回はその詳細と予約情報を併せてリポートしてみたいと思います!!
 

ドラクエ11(PS4&3DS)の予約発売日情報

発売日はいつ?

 
ドラクエ11の発売日は、PS4版および3DS版ともに、2017年7月29日土曜日に決定しました!!
 
これまで発売日予想として、初代ドラクエが発売された5月27日までになるのではないかという噂がありました。が、自分は個人的にはこれはちょっと懐疑的というか、発売発表会の次の月に発売というのは早すぎるのではないかと思っていました。堀井さんサイドは30周年の内におさめたいと当初語っていましたが、まあでも2017年の年内に無事発売されますしね。発表会から早すぎず遅すぎず、良い感じじゃないでしょうか☆
 
また土曜日ということで、当日予約なしに購入をする方も、学校や会社を気にせずお店に行くことができますし、いざゲットしたら土日をフルに使って遊べますね!
 

価格は?

 
ドラクエ11の気になる値段はPS4版が9,698円(税込)、3DS版が6,458円(税込)とのことです。
 
ただしこの価格はあくまで※参考価格ですので、この定価どおりに販売するお店もあるでしょうし、ここからさらに安く販売するお店もあるとおもわれます。
 

通販(セブンネット、楽天ブックス、Amazon)予約在庫

 
大手通販ではすでに予約が始まっています☆在庫が切れる前にチェックしておきたいですね!!
 
↓↓
 

セブンネット

 

 

 
 

楽天ブックス

  

 

 
 

Amazon

 

 
 
 
 
 
 
 
 
以上ドラクエ発売日速報をリポートしました。なおこのカテゴリの記事は随時更新していきますので、ぜひブックマークして頂ければとおもいます。ではまた!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゼルダの伝説スイッチ版の在庫が売り切れ?ブレスオブザワイルドの再入荷情報はココ

ゼルダの伝説(ブレスオブザワイルド)Nintendo Switch版通販情報

発売日はいつ?

2017年3月3日前後です☆

どんな内容?

 
今回のゼルダはズバリ「自由」がメインテーマとなっているようです。
 
いわゆるその広いフィールド上を
ユーザーが限りなく動き回ることが出来る、
そういった選択肢の多様さを極限まで突き詰めた作品と言えるでしょう。
 

マップが広い!

 
そしてその自由をとことん満喫できるように、
今回のブレスオブワイルドはとにかく広いフィールドに仕上がっています。
 
ちなみにトワイライトプリンセスと比較すると
その広さは約10倍以上!!
 
これスゴイっす!!滅茶苦茶遊べますね!!
 

ストーリーの自由度

 
またマップだけでなく、
物語の進め方もユーザーの裁量、
 
つまりストーリーをその都度自分で選んでゲームを進めることが出来ます。
 
 
正直今までにない、全く新しいゼルダを楽しめるかもしれません、、
 
 

通販(セブンネット、楽天ブックス、Amazon)予約在庫情報

 
さて予約が既に始まっているゼルダの伝説ブレスオブワイルド!
 
注文が軒並み殺到している模様ですので、ゲットしたい方はお早めに!!
 

セブンネット

 

楽天ブックス

 

Amazon

 

3DS版のメリット(DQ11)

ドラクエ11を3DSでプレイするメリットとは?

 
3DS版は、画質や音質などの迫力にはPS4のハードスペックにかないませんが、逆にそこを逆手に取ったというか、ファミコンやスーファミ時代、さらにはプレステ1のドラクエ7のように、マップ見下ろし画面でのプレイが可能となっています。
 
で、この画面見下ろしは、3DSの下部分のモニターで表示され、上部分は主人公の背中を見て操作する3D形式です。で、こちらの3D形式の方は、プレステ4と比べてキャラが3頭身くらいのデフォルメされたイラストパターンになっており、まあこちらも古き良きドラクエの風情が醸し出されています。
 
また携帯ゲーム機ならではの特性として、職場でプレイ、学校でプレイ、通勤通学時の電車内で経験値上げ!などなど、場所を選ばず遊べます!!
 
 
また、3DS版の最大のメリットが、、、
 
ズバリすれ違い通信が可能だということ!!
 
 
あのドラクエ9以来のすれ違い通信が11で復活です!!あなたの勇者と他のユーザーがすれ違う☆何が起きるかドキドキワクワク!ですね~。
 
 
 
さらに、プレステ版と比べて価格が安い!!約3000円ほど3DS版のほうが安くなってます☆
 

 
  
以上、3DS版のメリットをまとめてみると、、
 
1、ドラクエの過去作のようなデフォルメされたイラスト世界で冒険が可能
2.場所を問わずどこでもプレイ可能
3.すれ違い通信ができる
4.価格が安い

以上のような利点があります。是非参考にしてくださいね☆
 
 
 
なお、ドラクエ11の予約はすでに始まっています!お得な通販予約はコチラ
 
 
 
 
 
 
 
 

PS4版のメリット(DQ11)


 
ドラクエ11のPS4版は何といってもフルハイビジョンでプレイを楽しめることが挙げられます。大画面テレビをお持ちの方ならなおさら、風に揺れる草木や豪快に水の流れる滝、さらに等身大のキャラが、広大なマップで動き回ります。この圧倒的迫力がPS4版の魅力でしょう。
 
等身大のキャラは8や10でもそうでしたが、先ほども申し上げましたとおり、これがフルハイビジョンとなると、さらに凄いことになります、、
 
そして音声をデジタルアンプに接続すれば、5.1chで楽しむことができます。これは、前に3つのスピーカー、後方に2つを配属することで、ゲーム音声を立体的に楽しめるというもの。右の後ろの音が左前に飛んでいく!といった臨場感タップリな音声を楽しむことができるのです。
 
 
以上、圧倒的な画質と音質で楽しみたいならPS4をオススメします☆
 
 
なお、ドラクエ11の予約はすでに始まっています!お得な通販予約はコチラ
 
 

ドラクエの歴史を超主観で語りますw

嗚呼ドラクエよ!!想い出と共に振り返るDQヒストリー2017

ドラクエ30周年!そして最新作11の発売を記念して、今回はドラクエ全作品を振り返る記事を書いてみたいと思います。

ドラゴンクエストⅠ

はい!まずはドラクエの記念碑的作品として初代ドラクエですね!!
 
ドラクエ1はですね、、と早速語り始めたいところなんですが、実はワタシ、ドラクエ1はリアルタイムでやってません、、、(汗)
 
初めてじっくりドラクエ1をやったのは、93年か94年に復刻されたスーファミ版のドラクエ1でして、ファミコンでドラクエをやって「スゲーーー!!!」って経験ないんです。
 
まあただやりはしなくとも、友だちの家で一度見たことはあります。なんかちょこまかと小さなキャラが歩いていて、何が面白いんだろ?とか、そんな程度でした。まさかその30年後にこんなドラクエ大好き人間になるなんて思いもしなかったわけですけどね。
 
 
で、このドラクエⅠ、何がすごいかって、終始ひとりプレイ。パーティゼロ。
 
これはこのときリアルに遊んだユーザーは、のちのちのパーティと言う比較概念がないので、この時点では何も感じなかったかもしれませんが、自分みたいにパーティを経験してからプレイした人間にとってはもうすごい悟りの境地。
 
 
それとなんとなく物哀しいテーマ(だがそれがいい!!)。なんか基本ずっと寂しいという感じのドラクエ1でした。
 
 
 
 

ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々


 
さて2作目です!前作の空前の大ヒットを受け、その勢いをそのまま持ち込んだセカンド作品。
 
発売は1作目の翌年、ですが、物語は1作目から100年後!そしてたった100年でロトの世界は数倍に広がりました!キン肉マンレベルでの物理法則無視!だがそれがいい!
 
まずⅡで特筆すべきは何といってもパーティー制の実現ですね。
 
勇者が攻め、僧侶的サマルトリアの王子が攻守、ローレシアの王女は魔法使い!現代RPGにも受け継がれる職業性の原点がここにあります。
 
 
そして何といってもドラクエ史上難易度は最高レベル!!激ムズの極致!!だがそれがいい!!
 
 
とくにロンダルキアの洞窟の落とし穴は半端なかったですよね。
 
 
近年、いわゆるゲームシステムが整いすぎて、こういう破天荒な作りをするソフトってあまりなくなりましたが、でも、結局そこを突き詰めてしまうと、行き着く先はみんな同じゲームになっちゃうんですよね。
 
 
だから敢えてユーザーに失礼なことをやってみる、とか、思い切りいじわるな仕掛けとか、むしろやってほしいと自分は思ってます。
 
 
もしドラクエ11の最後のダンジョンがロンダルキアレベルだったら、最高に嬉しいです。

 
 
つづく

仁王の攻略本を予約!公式ガイドはコチラ

仁王公式ガイドの通販情報

発売日はいつ?価格は?

発売日は2017年2月27日前後☆
商品価格は1,944円(税込)です♪※参考価格
 

内容紹介

 
わゆるベーシックな動きやシステムの情報にプラスして、細かな解説によるマップも掲載した攻略ブックです。
 
ゲームそのものが親切に出来ていることが多い現在、攻略本と言えば攻略そのものよりも、どちらかというと攻略の手助けになる付加情報を得る目的になっています。
 
 
しかし仁王は、今時にしては珍しく難易度が高めなゲーム。
 
このハードな設定にどう挑むか。まさに攻略ガイドの本来の目的である、攻略するための本がここにあります。しかも出版元はソフトと同じコーエーテクモゲームスとあって信頼性も抜群!です。
 

通販(セブンネット、楽天ブックス、ローチケHMV、Amazon)予約在庫情報

 
仁王公式ガイドはすでに通販で予約が開始されてます!確実にゲットしたい方は早めのチェックをオススメ!
 

セブンネット

 

楽天ブックス

 

ローチケHMV

 

Amazon

 
 
 
 
 
 
 
 

予約!ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの攻略本はコチラ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドパーフェクトガイドの予約発売日情報

発売日はいつ?価格は?

発売日は2017年5月11日前後☆
商品価格は1,620円(税込)です♪※参考価格
 

内容紹介

 
496ページと圧倒的なボリュームでお届けするブレスオブザワイルドパーフェクトガイド!基本からハイレベルまで、余す所なく掲載されています。なかなか発見しづらいコログ、ハイラルのキャプチャー場所、祠を隅から隅まで、さらにはミニチャレンジガイド、15基のシーカータワーまで、クオリティも大満足の仕上がりです!!
 

付録インフォ

 
900匹のコログがいる場所も徹底ガイド!ワールドマップポスターがついてます!!
 

通販予約在庫情報

 
この記事を書いている2017年4月15日時点では、まだ通販の予約は在庫があるようです。ただしゼルダ人気は正直凄いですから、これは売り切れ前にチェックしておいたほうが良いかもしれません(汗)
 

セブンネット

 

楽天ブックス

 

ローチケHMV

 

Amazon

 
 
 

今回の発売に寄せて

 
ソフトが発売されてから約2ヶ月での攻略本発売となりますね☆ちょうどクリアした方、2周目に入る方がそろそろ出始める時期でしょうか。そもそもこういったソフトと攻略本発売の時期は、ゲーム会社と出版社の取り決めが事前にあります。早い時期でソフトが発売されてから1ヵ月後なんてこともありますが、まあ遅くても3ヶ月以内ですよね。
 
ゲームメーカーとしては早々に攻略本を出されてしまうと、クリアや謎解きがネタバレになってしまうリスク、逆に出版社としてはできるだけソフトが注目されている時期、旬の頃合に発売したいという本音がそれぞれあるのでしょう。
 
 
ちなみに自分はゲームの初回クリアまでは攻略本は見ません。ネットの攻略情報も見ないです。プレイする前にネタを知りたくないというのが一番、それとやっぱりゲームを少しずつ進めながら世界観を味わえるわけで、メーカー側もユーザーのプレイ速度をある程度計算しつつ、そのゲームの全体像を構築していると思うからです。
 
ただ、今回のようにそのソフトがかなりの人気で、攻略本も売り切れになるリスクがあるような場合は話は別です(笑)一応予約注文だけはして、手元においておきます。読むのはクリア後ですけどね。で、1周目でできなかったことやミスを攻略本を見ながらひとつひとつクリアしていって、2周目はパーフェクトを目指すって感じですね。
 
 
実際このブレスオブザワイルドパーフェクトガイドも、大手通販の書籍ランキングで、写真集などを抑えて予約注文が上位に入ってますから、自分は一応予約だけはしておこうと考えてます☆また何か情報が入り次第、この記事に掲載しますね☆


 
 

⇒⇒ ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドパーフェクトガイドの詳細はココ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

任天堂の歴史を語らせてくれ、、

任天堂家庭ゲーム機を振り返る(超主観でゴメン)

 
ニンテンドースイッチで大賑わいの昨今。ここで改めて任天堂の功績を称え(勝手に)、これまで御社が発売してきた家庭用ハードを振り返ってみたいと思います。
 
 

任天堂ファミリーコンピュータ

 
まず最初はゲーム&ウオッチだろ!とか言わないで。泣いちゃう。
  
 
、すみませんwゲームウオッチちょっとだけしかやってないんです。ドンキーコングでしたけど、当時なんか難しくってすぐやめちゃったw
 
 
で、ファミコン!です(キリッ)。

↓ファミコンのCM
 

 
 
 
ドラクエⅢのサブタイトルが「そして伝説へ」なんですが、文字通りファミコンって自分にとって文字通り伝説なんですよね。業界が家庭用ゲーム機の創成期であると同時に、ユーザーにとってもTVゲーム創成期であり、やっぱりこのときのインパクトってすごかったですから。
 
だからファミコンを語るっていうと、ゲームそのもののクオリティというよりも自分の記憶の中での濃さが前提となってます。事実、今でもたけしの挑戦状とかチャレンジャーとかBGMを聴くだけでもワクワクしちゃいます。キャプテン翼Ⅱ(byテクモ)の西ドイツ戦の曲も最高に良かった!
 
 
このときって今思い出すと、買ったソフトが面白いか激つまんねえかって、やってみるまでわからないんですよ。でも宣伝は凄いんです。だから滅茶苦茶期待してたけしの挑戦状とか買いましたもん。あれはゲームそのものはレジェンドクソゲーなんですが、いわゆるジャケ買いというか、パッケージがかなり豪華装丁だったのでそれにヤラれちゃったかもしれませんw
 
 
 
そもそもファミコン時代は、メーカー側も「こういう作り方をすればユーザーは間違いなく楽しむ」みたいなノウハウを持ってなかった時代なんです。だから前述の通りユーザー側も購入はギャンブルだし、メーカー側も発売するのは同じくギャンブルだった要素がありました。
 
でもだからこそ良い意味で玉石混交色んなゲームを楽しめましたね。
 

リアルタイムでファミコンを楽しめたことは本当に良かったと思います。
 
 

スーパーファミコン

さすがに長すぎてスーパーファミリーコンピュータという名称にはしなかったんですね。
 
 
ただし、これまで色んなハードが出て、様々な形でバージョンアップをしてきましたが、この時ほどハードが進化することにワクワクしたことはなかったですね。
 
 
ファミコンの価格が14,800円で、スーファミは25,000円。
 
単純に1万円上乗せされるだけで「凄いファミコンが出るぞ」感が一瞬にして市場に伝わるという任天堂最強時代。
 
 
 
それと画期的だったのはコントローラーです。
 
ファミコンのコントローラは、左側に十字ボタン、真ん中にセレクトとスタート、右側にAボタンとBボタンという作りだったんですが、スーファミはAボタンとBボタンにプラスして、YとXの2つのボタンが追加!さらにコントローラ上部の左右にLとRボタン、計4つのボタンが追加されるという。
 
こんなにボタンの多い家庭用ハードはそれまで存在しなかったですからね。これも当時としては非常に画期的だったというか。
 
 
「ちゃんと操作できるのかな?」
 
と今では笑ってしまう感覚を当時は持ちました。友達の「慣れるでしょ」という応えに瞬間論破されてしまいましたがw

つづく