筋トレの気づき

ここしばらく筋トレを続けています。ある程度の期間継続できたので、気持ち程度ですが新しい筋肉がついてきました。
 
で、トレーニングは一本のダンベル、そして知識はほぼ独学で行いました。そしてその過程で色々調べていくうちに、それまで当たり前と感じていたことが、全く違っていたというケースがいくつかありました。
 
 
一番衝撃的だったのが、筋トレは同じ部位への付加を毎日続けてはいけない、ということ。
 
 
例えば胸を鍛えるトレーニングをすれば、当然翌日筋肉痛が来ます。当初は痛くても我慢してまたトレーニングすると、さらに筋肉がつくと思っていたのですが、これは完全に不正解。
 
 
正しくは筋肉痛が取れるまではその箇所に負荷をかけてはいけない、とのこと。
 
 
筋肉痛が起きたことで、その筋肉は一旦破壊されています。そしてこの破壊が再生されるまでの期間が、新しい筋肉が作られるときということ。つまり、この時期に新たに負荷をかけてしまうと、新しい筋肉を再生するプロセスが滞ってしまう可能性があるらしいのです。
 
 
そのため、今日は胸、明日は肩、あさってはスクワットというように、日ごとに鍛える部位を変えることにしました。
 
 
以上、簡単ではありますが、筋トレのきづきを書いてみました。また何かありましたら記載したいと思います。