PlayStation4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION


 
プレステ4の本体、FF15 LUNA EDITIONの
発売日が2016年11月29日に迫ってきましたね。

限定デザインということで、かなりの人気のようです☆
 
 
⇒⇒ PlayStation4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITIONの予約情報はココ!!

さて、進化を続けるPSことプレイステーションですが、
プレステが発売されてから、もう20年以上経つんですね。

ちょっとだけプレステ年表を作ってみました!
  
 
 
 
▼1994年12月3日 プレイステーション発売

スーパーファミコンの全盛期、
1994年に初代プレステが発売されます。

同年にファイナルファンタジー6、
翌年にクロノトリガーなど、
ビッグヒット作品が次々とスーファミで発売されていました。

転機となったのは、
やはりファイナルファンタジー7のプレステ発売です。

今でこそひとつのソフトが
他ハードで発売されることは珍しくありませんが、
この頃は基本的に一本のソフトはひとつのハードでしか出ない
これが一般的であったので、

プレステでFF7が出ると言うことは
スーファミでは出ないということになり、

プレステ本体が爆発的に普及したのです。
 
 
 

▼2000年3月4日 プレイステーション2発売

初代プレステ発売から約6年後、
DVDを搭載したプレステ2が発売されます。

このプレステ2も、
2000年夏発売のファイナルファンタジー10に合わせて、
かなりの出荷台数を記録しました。
 
 
 
 

▼2006年11月11日 プレイステーション3が発売

画面解像度はフルハイビジョン、
ブルーレイディスク再生可能と、

当時としては驚異的なスペックのプレステ3が発売されました。

しかしコスト面などから、
フルハイビジョンでゲームを販売する制作会社は少なく、
ハイビジョン止まりのことが多かったようです。

 
 
 

▼2014年2月22日 プレイステーション4が発売

日本国内でついにプレイステーション4が発売になりました。

発売と同時に目玉ソフトが少なかったものの、
2016年にはファイナルファンタジー15、
2017年にはドラゴンクエスト11の発売が予定されており

プレステ4のシェアがさらに拡大されるものと思われます。
 
 
 
 

さて、簡単ではありますが
プレステの歴史をざっと振り返ってみました。

ハードの進化というと、
わかりやすいのがやはり画面の解像度です。

CD-ROMからDVD、そしてブルーレイ、
さらには今後4Kなど、
どんどん解像度が高まり、

バーチャルがどんどんリアルに近づきつつあります。

今後もプレステの進化に期待したいですね!

 
 
 

2016年9月17日 PlayStation4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION はコメントを受け付けていません。 ゲーム関係