幻夜

白夜行の続編ってマジ?幻夜の秘密


 
自分が最初にこの幻夜を手に取ったのは文庫本だったのですが、このタイトルの類似性と、カバーイメージが白夜行にソックリだったので、これひょっとして白夜行の続編!?と思わず興奮し、レジに向かったのを覚えています。
 
 
単刀直入に言ってすべて読み終えての感想は、東野さんの作品なので面白かったのは当然。ただやはり自分の頭にあったのが、白夜行2なのかどうかってことなんです。
 
 
 
で、推察するに、、、と書いてしまうと、ちょっとネタバレっぽくなってしまうので、ご興味のある方はやはり一読されることをオススメします。
 
 
ただひとつ言えるのは、この幻夜を読むなら、白夜行を読んでからの方が良いです。これは確実にいえます。
 
 
 
それとこの「夜」シリーズは3部作が想定されているそうなので、そろそろ3つめを読みたいですね。
 
 
 ↓   ↓