パラドックス13

東野さんのSF作品の中で一番好きな小説です。ハードカバーがなかなか分厚いので読み終えるまでにしばらくかかるかないと思ったのですが、面白すぎてあっという間にラストまで行ってしまいました。
 
 
序盤から謎に次ぐ謎、そして錯綜する人間関係と早く続きを知りたくなってしまう展開のオンパレードです。
 
 
で、この作品、意外なことに映像化されてないんですよね。自分がパラドックス13を読んでいたときは「これは高確率で映像化される!」と勝手に思い込み(笑)、それぞれの登場人物を実在の俳優さんに当てはめて読んでました。
 
 
ナミヤ雑貨店の奇蹟も映画化されたことですし、そろそろ見てみたいですね。